Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「インビテーション」 

インビテーション
2015 アメリカ
カリン・クサマ監督

音沙汰無かった元妻イーデンから届いた夕食パーティーの招待。
恋人キーラと向かうウィルは少し不安げ。
2年ぶりに会う友人たちも呼ばれていた。
知らない人も数人、全体的になんだかぎこちない・・・。
何かが起こりそうで何も起こらないかもしれなくて・・・
と観ていくうちに。。

「こわーーーー!」
そして、観終わったあとからひきずります。
なかなかの映画!

言いたい!!!
けどネタバレになってしまうから言えない。

善意(だと信じ込んでいる)からくることってすごい怖い。
主役のローガン・マーシャル=グリーンがトム・ハーディ似。良かった。
(鼎)
スポンサーサイト

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「ラ・ラ・ランド」 

lalaland goz
lalaland
lalaland bench
2016年 アメリカ
デミアン・チャゼル監督

「セッション」の監督だし、ゴズリングだし!早く観たいなと思っていました。
でもミュージカルということで・・・わたし苦手かも・・・と
半分半分な気持ちで観始めたら・・・・

ここまでロマンチックを突き抜けてくれたらもうありがとうです!
なんとわたし胸が苦しくなったり、涙腺があれれ??ってなったりしました。
恥ずかしいけど、この映画「好き」です~♪

オープニングが見事で、何度でも観たい。

ゴズリング、エマ・ストーンのダンスもすごく良くて、振り付けが絶妙なのもあって圧巻。
エマ・ストーンの後半、伯母さんのエピソードを歌うところでめっちゃ感動したりなんかしてしまったよ。
いやー!にくい!チャゼル監督32歳。

ゴズリングのピアノシーンすべてゴズリング本人が演奏しているというのを後で知ってもう一回見直しました。

オープニングも、その他のシーンもダンスはほとんどすべてが長まわし撮りなのもなかなか唸ります。

あらすじ内容全然書かなくてごめんなさい。
とにかくロマンチック全開!でも現実的でもある。


つきぬけよう!!(←まだ興奮覚めやらぬ感・・・)

(鼎)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「僕と世界の方程式」 

xy
2014年 イギリス
モーガン・マシューズ監督

小さい時から図形に興味があって自閉症と診断されたネイサン(エイサ・バターフィールド)。
一番の理解者の父親が事故で亡くなり、母ジュリーとはなかなか意思疎通ができないでいる。
母はネイサンの数学の才能を伸ばそうと普通の学校に行かせずに9歳から数学教師ハンフリーズの個人指導を受けることに。
そして高校生となり国際数学オリンピックを目指す・・・。

小さい時のネイサン役、高校生のネイサン役と、父親マイケル役の俳優さんがみんな似ている。
そして小さいネイサン高校生ネイサン、ふたりとも本当に自閉症らしく演技してて。
キャスティングで成功している気がする。
数学教師ハンフリーズもよい。

数学、恋愛、家族、
いろんなテーマが入っていながら意外と小話でまとめられていて、好きなタイプの映画でした!おどろき!

中国語(台湾語?)話せると楽しそうだね。
(鼎)

category: イギリス

CM: 0 TB: 0   

「アスファルト」 

アスファルト


2015年 フランス
サミュエル・ベンシェトリ監督

フランス郊外の寂れた団地。
怪我をして車椅子生活を送っている男性 と 休憩中の夜勤看護師。
10代の鍵っ子少年 と 凋落してしまったかつての名女優。
アルジェリア系移民のマダム と 不時着したNASAの宇宙飛行士。

出逢いそうにない、でも何故か出逢ってしまった人々の、
不器用な出逢いを描いた物語。
悪い方向へ流れてしまうかなぁと思いながら観ていたら、
どれも何とも見事な着地。
すごーくいい映画だった。
距離感というか、遠くから温かく見守る視線がとても優しい。
誰も責めないし、誰も否定しない。
そういう心地よさ。
10代の少年シャルリのちょっと冷めた優しさ。
意外ととても頼りになる。
イザベル・ユペールはやっぱり素敵。
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキの落ち着いた演技。
ヘリコプターの突風が、新たな風を運んでくれる。
あぁー、とてもいい映画を観ました。      (佳)

category: フランス

CM: 0 TB: 0   

「388」 

388
2011年 カナダ
ランドール・コール監督

ただのPOV風サスペンス映画?と思って観ていたら、めっちゃ想定外に。
私はあまり怖い映画は観ないので慣れてないだけかな??どうかな??
怖かったです。
鑑賞中も最悪ラストが自分なりにちらほら脳裏に浮かんで、すごく最悪な結末を考えつき、そうなったらやだな・・・と心配してたら、
はるかに超えた最悪がやってきました。

388
住所です。

幸せな夫婦、
ジェームスとエイミー。
なんの罪もないただ普通に住んでいただけです。
・・・
・・・・・
(鼎)

category: カナダ

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。