Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「楽日」 

楽日

2003年 台湾
ツァイ・ミンリャン監督

今では数人しか入らなくなった老舗映画館。その楽日を切り取った愛らしい映画。

かつての俳優、日本人の若者などが最後の日を見届けるようにやってきている。ただそこにいるだけで、交わされる会話はほとんどない。全編通しても一言二言かな。
それに一時停止押したんじゃないかと勘違いするような長回し。
それなのに、僕にとっては愛らしい。足の不自由な女性従業員が、コトコト立てる足音や、トイレの水をいっこずつ流してくシーンが。まんじゅう食べて、お茶飲みほすと一緒になってふーっと息をつきたくなる。で想いにふける。

新しいものが社会にも娯楽にもどんどん出てきてる。追いてかれないようにみんな必死。それでも中には古びていくものに美を見いだす人がいる。僕もそんな一人でありたい。置いてきぼりをくらっても、いい。忘れないように、何度も再生ボタンを押す。(陽)
スポンサーサイト

category: 台湾

CM: 1 TB: 0