Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「こねこ」 

こねこ

1996年 ロシア
イワン・ポポフ監督

猫度100%。
猫好きにはたまらない映画です。
猫を描いた映画のなかで、この温かさはNo.1かも!
素晴らしい映画。大好きです。

動物市場で一匹の子猫を買ってもらった子供たちは大喜び。
‘チグラーシャ’と名付けられた子猫は、音楽一家の家で幸せに暮らしていた。
ある日、鳥を追いかけて窓から落ち、そのままトラックの荷台で遠くの町に運ばれてしまう…。
子猫チグラーシャの冒険のはじまり。
というには、寒すぎるロシアの冬!!
チグラーシャはどうなってしまうのー?(心配!!)

町の中を彷徨って彷徨って、辿り着いた先は、たくさんの猫と暮す男性フェージンの家。
ソファに腰掛ける彼の周りには、いい具合に猫たちが寄り添っている。
うん、こういう暮らしに憧れる。
私も5匹の猫と暮しているので、近いものはあるけれど。
仕事をクビになったり、アパートを追い出されそうになったり、
フェージンの生活は決して明るいものではないのだけど、
猫に向ける優しい眼差しがとてもいい。
(キオスクの女の人への眼差しも!)

たくさん出てくる猫たちの名演技。
チグラーシャのかわいさ。
ロシアの人々の猫に対する優しさ。
チグラーシャを一生懸命探す家族。
すべてが愛おしい、猫映画の傑作です!!  (佳)

こねこ

スポンサーサイト

category: ロシア

CM: 0 TB: 0