Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「ヴァンパイア」 



2011年 日本/カナダ
岩井俊二 監督


この映画は美しい。

高校教師のサイモンはアルツハイマーの母親と二人で暮らしている。そんなサイモンには裏の顔があった。自殺投稿サイトで出会った人と死を約束し、死に際に相手の血をもらうヴァンパイア。この映画には吸血鬼映画にありがちな人を震えさせる恐怖はない。

逆光の美しさ。リフレインされるピアノの旋律。終わりに立つ人の言葉。

25歳の女性が死ぬ直前に、私は人生をうまく楽しめなかった。でもいつか生まれ変わっても人間に生まれてきたいって言ってる。

「ヴァンパイア」は騒がれなくていい。
控えめにでも手放すことはないだろう一本です。(陽)
スポンサーサイト

category: 日本/カナダ

CM: 0 TB: 0