Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「若草の萌えるころ」 

20110827174327.jpg

1968年 フランス
ロベール・アンリコ監督

脳卒中で倒れた伯母さんの介護、そして死の恐怖。
重い空気に耐えられず、夜のパリの街を彷徨い歩くアニーの姿を描いた映画。

何ていうことのない話なのに、この映画はすみからすみまで結構好き。
ベッドの上で意識が朦朧とする伯母にアニーが話しかける。
「伯母さん、大好き」
アニーの心情が伝わってくる好きなシーン。
若者が溢れかえる遊技場、カフェで知り合う男性、
逃げ出した羊を追いかけるドタバタ劇、
チェロ奏者の男性との一夜、
なかなか家に足が向かないアニー。
大好きな伯母さんの死を受け入れる顛末をこんな風に表現するなんて。
「冒険者たち」のジョアンナ・シムカスのナチュラルな美しさがすごくいい。(佳)
スポンサーサイト

category: フランス

CM: 0 TB: 0   

「脳内ニューヨーク」 

脳内ニューヨーク
2008年 アメリカ
チャーリー・カウフマン監督

現実と芝居とが交錯してきて途中から何がなんだかわからなくしちゃうとことか、けっこうきらいじゃない。
監督は少しシニカル?
それとも自虐?
最後むなしくなってかなしくなった。
映像の色とか、美術さんのセンスは好きな感じ。(鼎)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「ジャーマン+雨」 

ジャーマン+雨
2007年 日本
横浜聡子監督

鼎も日本映画観た。

不思議な題と主人公の顔で気になってた映画でした。
やっと観れた。
こんな感じかな?とか見る前になんとなく想像するじゃないですかー。
それぜんぜん、飛び越えられちゃって、うれしいびっくり!!

主人公の「よしこ」がとにかく予測不可能キャラ。
よしこのふえ教室に通う小学生3人もいい!
イケメンドイツ人もセリフがナイス。

なんか元気出た。(鼎)

category: 日本

CM: 2 TB: 0   

「まほろ駅前多田便利軒」 

image0.jpg


2011年 日本
大森立嗣監督

東京のはずれ、まほろ駅前で便利屋を営む多田。
ある日の仕事中、ばったりと出会った同級生行天。
「今晩泊めてくれ」
断りながらも共同生活を始めることに…。

脱力系というか、真面目だけどやる気のそんなになさそうな多田のもとに、
もっとやる気のない行天が絡んできて、低いテンションのまま映画はつづく…。
でも不思議と面白いですねー。
先がどうなるのか気になる、気になる。
30代ならではのお互いワケありな感じも、じわじわと胸に響いてくる。
こういう二人の関係はいいな。距離感が。
冷たそうに見えて、実は優しい。
いろいろあるけど、大人っていいなと思った。(佳)

category: 日本

CM: 0 TB: 0   

「東京公園」 

東京公園


2011年 日本
青山真治監督

カメラマン志望の大学生光司は、ある日都内の公園を散歩する人妻を撮影するよう依頼される。
不信に思いつつも、いろいろな公園に出向く光司。
このことをきっかけに自分自身と、
近くにいる3人の女性たちと向き合うことに…。

何ともほんわか?、ゆったりとした映画です。
でも間にゾンビが入っていたり(結構長い!)、
えっ!とおどろくエピソードがあったり、
ゆったりした中にもいろいろな事件が…。
三浦春馬くんの鈍感なのんびりさに癒される映画かも。
映画好きな小ネタもあったり、
光差し込む公園に穏やかな気持ちになったり、
不思議な空気を醸し出した作品。
観終わったあと、温かい気持ちになった!(佳)

category: 日本

CM: 0 TB: 0   

「FATHER」 

father
「FATHER」1996年 イラン
Majid Majidi監督

テヘランの映画博物館のショップで購入されたというNさんからDVDを借りることができました。
すげー。
英語か中国語の字幕。。。どっちがいいかな?・・・英語にしました。
長いセリフの時は一時停止。ほとんどセリフが無かったので助かった~。

またイラン映画にやられた!
すばらしいです。
主人公のメロラ(Melorah)くんはたぶん11か12才。イランのジェームスディーンだね。

お父さんを事故で亡くしたメロラはお母さんと幼い3人の妹たちを残して長く出稼ぎに行っていて、給料でおみやげをいっぱい買ってやっと帰ってきたら、お母さんが警察官と再婚していたんです!メロラはそれを受け入れられず家にも入らず抗う・・・

砂漠のシーンが映画とは思えないくらい。そこに2人がいるみたいですごく心配した。
映画って最後のシーン何を持ってくるかだねーー。どこで終わるかはとても大切。うん。(鼎)

category: イラン

CM: 0 TB: 0   

「オフサイド・ガールズ」 

オフサイド・ガールズ

2006年 イラン
ジャファル・パナヒ監督

女性がスタジアムで男性のスポーツを観戦することが禁止されているイラン。
女性だってサッカーの試合が見たい!
少女たちは男装して潜り込もうとするが…。

元気のいい少女たちに圧倒される。
少女?っていうような男勝りな子もいたけど。
でも得点が入ったときに喜ぶ姿が何ともかわいい。
サッカーがほんとうに好きなんだね。
男性たちの意外と優しい一面を垣間見たり、
撮影が実際の試合会場で行われていたり、
新しい発見がいろいろあった。
活気溢れるラストの街がいい余韻を残してくれる。(佳)

category: イラン

CM: 2 TB: 0   

「ピンクフラミンゴ」 

ピンクフラミンゴ
第1回トコトコプレゼンツ映画夜話のゲストのひとりSさんが貸してくれた「ピンクフラミンゴ」、ひとりで観たほうがいいよとご助言いただいて、”浄化用”の「ミルコのひかり」もセットで。

観ました!ピンクフラミンゴ!!
なんと私はきっと大丈夫~♪と浄化用「ミルコのひかり」を先日先に観てしまったのだ。やっぱ必要だったわ。。
翌日なぜか突然、はきそうになったのだ・・。ピンクフラミンゴ観てる最中ははきそうになんてならなかったのに。さすがSさん。

このジャケットはkanaeがyoungだったころから気になっていていつか調べてみようと思いつつ忘れていたところ借りれたので何も情報を得ずに観てみた。
それにしてもすごい映画だ。
人間の無限の可能性を感じたよ。
おもいきりがいいね。
主人公のディバインのみたことのないメイクにクギ付け!いろいろ変わる。けっこう全部素敵。
ガガ以上。
ディバインのお母さんイーディは寺山修二映画的。
セリフは舞台っぽくて文学的。

あ、、でも一応オススメしません。

お下劣を競い合っている内容なのでそれはもうすごいんです。書けない。
血がでてくるシーンはいやなんだけど・・・
でもお下劣があれ以上だったら困るけどなんだかぎりぎり観れた。ふっー。
不思議だ。
大人になって心が広くなったからかな。てっ!?(鼎)

「ピンクフラミンゴ」1972年 アメリカ
ジョン・ウォーターズ監督

category: アメリカ

CM: 2 TB: 0   

「恋する宇宙」 

恋する宇宙

2009年 アメリカ
マックス・メイヤー監督

アスペルガー症候群で、人付き合いが苦手な青年アダム。
ある日、アパートに失恋で傷心中の童話作家志望のべスが引っ越して来て…。

不器用ながらも距離を縮めていく二人が微笑ましい。
だけどアダムの障害や、ベスの家族の問題。
好き合っているのに現実はなかなか難しい。
ラストに向かうほろ苦さと、ちょっとほっとするような清涼感。
地味ながらも出会えたことが嬉しくなる映画。
落ち着いた緑や水色の壁もすてき。(佳)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

すべてはここからはじまった。 

ざくろの色
セルゲイ・パラジャーノフ監督「ざくろの色」

<はじめましてのごあいさつにかえて>

2010年に遡ります。

Sくんが貸してくれた「ざくろの色」DVDをカフェのカウンターにおきっぱなしにしてたのを、(数日前これを持ってるというSくんにひとまず感動ひとしきりして大興奮して、さっそく借りれることに。)(Sくんはもう帰っていなかったのが残念。)
我らがYちゃんったらそこをふらっと通ってくれたのです!なんという偶然!「あれー?ざくろの色だ~。」とYちゃん。
「えー!知ってるの??」と私。
いやいやいやYちゃんはそーとーな映画好きだったのであった。
Yちゃんと私はかれこれきっと10年前から知りあいだったのにそんなことぜんぜん話しなかった!
このSくんのざくろの色DVDのおかげで、映画部が発足したのであった!

活動内容
①2人で映画の話をしまくる。
②2011年から、「トコトコ名画座」という私たち映画部の妄想映画館で上映したいおすすめ映画などを紙上にて展開しております。配布場所は「ドマカフェ」(島根県三瓶町)
③たまに映画好きゲストを交えて「映画夜話」をする。
④いつか3次元のほんもののミニシアターを作りたいと映画部2人でリアルに妄想に励んでおります。
                          映画部Y(佳)&K(鼎)

トコトコブログでは
日々観た映画メモ
映画にまつわるいろいろ話など書いていこうかなーっと。

(鼎)

category: ごあいさつ

CM: 0 TB: 0