Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

納涼・・・「エスター」 

エスター
エスター
2009年 アメリカ
監督 ハウメ・コジェ=セラ

絶対ネタバレ禁止!!

公開当時アート系サスペンスかな?と、早く観たいなと思っていたら、予告がめっちゃ怖そうだったので先送りにしてしまっていました。(怖すぎ苦手・・・。)
で、怖すぎですが、
がまんしてでも観た方がいいです!と、いつになくオススメいたしますヨ!!

エスター役の子役イザベル・ファーマンがすごい!!!
確かに、予告の、ツリーハウスを見上げるエスターの表情ワンカットで観る決心したし。。。

観終わるころは、一気に背筋が凍って納涼にもってこい。。。
あとからあとから思い出してはぞっとします。

でも、ラストもっと違ってもいいんじゃないかなと思ったりしますが、、、
俳優たちの演技と美術さんのアートワークで◎◎◎!       (鼎)

スポンサーサイト

category: アメリカ

CM: 2 TB: 0   

「永遠の僕たち」 

永遠の僕たち


2011年 アメリカ
ガス・ヴァン・サント監督

この映画、すごくいいです。
瑞々しくてピュア。
観ているだけでキュンとなる(死語?)。

交通事故で両親を失い、自らも生死をさまよった少年イーノック。
それ以来、ヒロシという日本人の幽霊が見えるようになり、彼と友達に。
死に囚われ、知らない人のお葬式に参加するイーノック。
ある日、そこで余命3ヶ月のアナベルと出会う…。

イーノックとアナベルの透明感がすばらしい!!
イーノックは、デニス・ホッパーの愛息ヘンリー・ホッパー。
アナベルは、「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ。
はじめてキスをするときの、あの可愛らしさ。
その後のイーノックのニヤケ顔がまた可愛い。
くるくると変わっていく2人のデートシーンが楽しそうでいいんだなぁ。
アナベルのファッションがどれもかわいい。
お別れがやってくることはわかっているけれど、
でも「永遠の僕たち」なんだね。
ラスト、清々しさをも感じさせるイーノックの笑顔。
寂しいけど、温かな幸福感にも包まれる。
すてきな映画です。 (佳)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「運命の女」 

運命の女


2002年 アメリカ
エイドリアン・ライン監督

会社を経営する夫と、9歳の息子と、NY郊外で幸せに暮らす主婦コニー。
ある日、息子のプレゼントを買いにマンハッタンへ。
強風で吹き飛ばされそうになる中、本を大量に抱えた青年とぶつかる。
ケガをしたコニーは治療のため、青年の部屋へ…。

いわゆる不倫を描いた映画です。
受けつけない人にはダメな映画かも!?
でもとてもよく練られていて魅せる!映画なのです。
幸せな家庭の中でちょっとずつ感じられるズレ。
若い青年に惹かれ舞い上がっていくコニー。
感づく夫(リチャード・ギア)。
観ていてドキドキものです。
この展開、あぁもうホラーだ!と思っていたらその後、本当にゾッとする展開に。
前半と後半とでガラリと雰囲気が変わる。
そしてどんどん重みを増していく。
葛藤や、高揚。色々な表情を見せるダイアン・レイン(美しい!!)。
どんどんダサく、可哀想に見えていくリチャード・ギア。
二人とも名演技。
とにかくすごーくドキドキしながら見た。 (佳)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「50/50」 

50/50
50/50フィフティーフィフティー」
2011 アメリカ
ジョナサン・レヴィン監督
ウィル・レイサー脚本

ふつうの人を等身大に演じるのがうまいよねこの俳優さん、ジョセフ・ゴードン・レヴィット。
「(500)日のサマー」も良かったし。
「リバーランズスルーイット」の子役さんです。
そのころの笑顔と今も一緒でかわいい。

シアトルのラジオ局に勤めるアダム(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)は、高校からの親友カイル(セス・ローゲン)と同じ職場でカイルの車で一緒に出勤する毎日。アーティストのかわいい彼女もいる。
ある日背中に痛みを感じて病院へ。
そこで悪性腫瘍が見つかる。
5年後の生存率50パーセント。。。。。
ふつうの、ふつうより自然志向の暮らししてるのに。。

会社のみんなや、恋人がぎこちなくよそよそしくなり、母親が過剰に心配(これはあたりまえか。)する中、この親友カイルだけは知らせたときはショックで吐きそうになってくれたのだが、
生存率の話、「50パーセントか!ギャンブルより高いじゃん!大丈夫おまえは若いから治るよ!」といつもとまったくかわらない普段どおりのバカ話したり夜遊びに誘ってくる。(でもいつもそばにいてくれているのだ。)
また、アダムはセラピーに通うのだが、担当が若い女の子研修生だし・・・・。

抗がん剤治療があまり効いてくれず、弱っていくアダム。
難しいとされる手術するをことに・・・。

観てて本当にすっごく心配した。リアル。
友人がいつもそばにいて普段通りでなんだか安心した。
難病映画なんだけど、暗くなく、そしてけっこう感動。   (鼎)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「トレマーズ」 

トレマーズ


1989年 アメリカ
ロン・アンダーウッド監督

この映画は、面白いです!!!
完全にB級ですが、とても面白い!!!!

ネバタ州の砂漠地帯に突如現れた謎の地中生物。
人間を次々と襲い、小さな町をパニックに陥れる。
恐怖!!!なのだけど、アメリカののどかな砂漠地帯。
何となーくのんびりとしたムードも感じさせる不思議なパニック映画。
それでもドキドキ感は充分!
ラストのキスシーンも思わずうっとり!の大満足な映画なのでした。
ちなみに「トレマーズ」とは、“震動”とのこと。
ふむふむ、なるほど。  (佳)

category: アメリカ

CM: 2 TB: 0