Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「銀河」 

銀河

1968年 フランス
ルイス・ブニュエル監督

スペインの聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指すピエールとジャン。
2人の巡礼の旅は、次から次へと不思議な人々と出会い、
不思議な体験をし、また時空さえも超えていく。

キリスト教を皮肉った映画とのことですが、
ストーリー全体をよく分からない空気が包んでいる。
キリストが登場し、サド伯爵が登場し、娼婦が現れ、死の天使なんてのも登場する。
しかもみんな突然。
盗みを働いたり、旅の目的が金儲けだったり、
全然真面目でない2人の巡礼者の不可思議な旅に、
よく分からないまま同行してしまった気分。
でも全編何だか可笑しい。
特に「死の天使」(悪魔?)で登場するピエール・クレマンティ(大好き!)。
変な色の花を片手にいきなり登場。
その浮きっぷりがたまらなく可笑しい。
端正な顔立ちが見事に映える!
観れば観るほど面白さが増すような不思議な映画でした。  (佳)

スポンサーサイト

category: フランス

CM: 0 TB: 0