Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「北の橋」 

北の橋


1981年 フランス
ジャック・リヴェット監督

観れば観るほど不思議な映画。
冒頭、ミニバイクでパリの街をぐるぐると走る。
時間にして15分くらい?
物語は始まってる?
でもすごく惹きつけられる、不思議な始まり。

刑務所から出てきたばかりの閉所恐怖症のマリーと、
偶然出会い行動を共にするようになるバチスト。
活動家であるマリーと恋人ジュリアンのまわりには、常に危険な空気が漂う。
ジュリアンから奪った地図を片手に、マリーとバチストはパリの街を双六に見立てて歩き回る。
車の行き交う道路、解体中のビル、ボロボロの廃墟…。
一味違うパリの風景。

映画の中にある台詞、
「どこから来てどこへ行くの?」
この映画もそんな雰囲気。
終わりまで観て、始まりに戻って、またそのまま観続けてしまいそう。
ぐるぐると回るパリの街。

実は本物の親子のマリー(ビュル・オジェ)とバチスト(パスカル・オジェ)。
似てないなぁ。
マリーを守ろうとするバチストはそういえば何者??
本当に不思議。声がとてもかわいい。戦ってる姿も憎めない。
ストーリーはあるような、ないような?
でも2人が退廃的なパリの街を歩いているだけで、何だかワクワクする。
ラストの不思議な可笑しさもやっぱり大好き。 (佳)
スポンサーサイト

category: フランス

CM: 0 TB: 0   

「ダークナイト」 

dark knight

2008年 アメリカ・イギリス
クリストファー・ノーラン監督

バットマンシリーズで初「バットマン」て題名に付かない。

映画の「バットマン」なんてあんまり好きじゃない。。。
でもジョーカー役ヒース・レジャーが賞を取ったんだよね、いつか観ておこうと思いつつ年越し映画に抜擢してみた。
(レビューupが遅くなりましたね。)

!!!
うわ!
なんとおもろい、、、はまった!5回観た。(多!)

だだっぴろーい場所のシーンがよくでてきて、気持ちいい。
クリスチャン・ベイルってこんなにかっこよかったっけ!?
バットマン時のバイク姿もすごくいいんだよー。

でもでも
とにかく
ヒース・レジャーが映像を鋭利にしているのだ。
空気がはりつめる。
ドキドキする。

脇役も名優だらけだが、
これはヒース・レジャーの映画です。


さぞかし、同監督の前作「バットマンビギンズ」もおもしろかろうと思って観たら、
う、薄い!!!
内容が軽い!がんばってるのはわかるが詰めが甘い!ぜんぜん物語ってない!
がっがりだー。

「ダークナイト」だけオススメ!    (鼎)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「サンダーパンツ!」 

サンダーパンツ!

2003年 イギリス
ピーター・ヒューイット監督

おなら少年!
はじまって数分間おならシーンです!っていうかずーっとおなら。

でも描かれているのは友情と、弱点を強みに変える素直さ。とわたしは思ったよ。

・・・でもでもジャンルとしては、おバカ映画です!!

パトリック(写真右)は生まれてすぐからずーっとおならが出ちゃう。しかも臭そう。。。そのせいで、父親は家出し、母はアル中。姉からも嫌われて、学校でもみんなにいじめられる。
唯一オタク系天才発明家アラン(写真左)は鼻が悪くてパトリックと仲良し。

おならをどうにかしたくて、アランに相談すると、
「サンダーパンツ」というおなら閉じ込めパンツを開発する。
ランチボックスに連結していてガスが移動し、ガスの詰ったランチボックスを別機材にセットするとそこで処理してくれるという優れもの。サンダーパンツを履いてお弁当箱を持つパトリックはかわいすぎ。
 次は鳥人間コンテストに二人で出ることに。アランはパトリックのおならで飛べるマシンを開発。みごと優勝する。その様子を影で見ているあやしげな男が。。。。


「ビルとテッドの地獄旅行」の監督。
アランはハリー・ポッターシリーズのロン役のルパート・グリント。

とにかくパトリックくんが丸くてかわいい。
宇宙服を着たところなんてとてもかわいい。

芽キャベツっておなら出やすい食材?   (鼎)

category: イギリス

CM: 0 TB: 0   

「激突!」 

激突!


1971年 アメリカ
スティーヴン・スピルバーグ監督

平凡なサラリーマンがハイウェイで何気なく追い越したタンクローリー。
その後、そのタンクローリーから執拗に追いかけられることに…!!

89分、ただただ一台のタンクローリーに追いかけられる。
とてつもなくシンプルなストーリー。
それなのに怖い!面白い!!!
タンクローリーのドライバーの顔は一切映らない。
窓から合図する手と車の向こう側で映る足のみ。
迫ってくるトラックはまるで巨大な怪物みたい。
クラクション、エンジン音、黒煙、…無言の姿の見えないドライバーに変わって、
トラックの一つ一つの音が恐怖!そして緊張!!
煽られる恐怖。
待ち伏せされる恐怖。
あぁ、夢に出てきそう。怖い。

スティーヴン・スピルバーグ監督のデビュー作だそう。
シンプルなストーリーでここまでハラハラさせる演出は見事!
頭を空っぽにして、映画の世界に没頭する。
怖くて面白い映画。  (佳)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。