Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「オンリーゴッド」 

only god forgiven
2013年 アメリカ
ニコラス・ウィンディング・レフン監督

「「ドライブ」のほうが良かったわ」とDVD借りる時から鑑賞後に言うだろうなと思っていたのは思っていたが、
薄い・・・。
暴力シーンはものすごく残酷なのだが、印象が薄い。どうしてかな??
残酷過ぎる理由が無い??

タイ、バンコクでムエタイのジムを経営している兄と弟ジュリアン(ライアン・ゴズリング)は裏ではドラッグなどをさばくマフィア。
ある夜、兄が16歳の娼婦を殺害。兄は被害者の父に殺されるのだが、刑事が絡んでいた。
即アメリカから母(クリスティン・スコット・トーマス)がバンコクに到着し、
兄殺しにかかわったものを皆殺しにしろと・・・。

バンコクの刑事が主役か。
ものすごく残酷なんだよね。
刃物は苦手じゃ。。。

母役クリスティン・スコット・トーマスが体全身から怖いのが漂っててよかった。
ゴズリングは今回残念ながら見所ほとんど無いかも。一瞬あったかな。

時々、幻覚なのか、夢か、映像が交錯してきて、奇妙。
タイ語満載。
さわでぃかー!    (鼎)
スポンサーサイト

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「はさみを持って突っ走る」 

はさみを持って突っ走る
2006年 アメリカ
ライアン・マーフィー監督

全く前情報を入れず、ただ題がおもしろいなと思って借りてみた。
フランス映画だと思ってたら違ったっていうくらい何も調べず。
映画の最後にわかるのだが、まさか実話とは・・・・。

オーガスティン・バロウズの自伝「Running with scissors」の映画化。
アメリカでは小説が大ヒットしたらしく、その映画化ということで期待が大きかったみたいです。
グウィネス・パルトローとか出てるし。
期待が大きかった分、大コケしたとのこと。
おもしろかったよー、私は。

オーガスティン(ジョセフ・クロス)の母ディアドラ(アネット・ベニング)はいつか詩人として有名になると倒錯した考えを持つ。父ノーマン(アレック・ボールドウィン)はいつもいらいらしている妻から一方的に責められ感情が無くなってる。アルコール依存症なのか。
デイアドラは精神科医Dr.フィンチ氏と出会い、治療に入るが、オーガスティンはなんとフィンチ家に預けられることに・・・。
フィンチ家はその家がものすごく悪趣味。そしてドクターフィンチを筆頭にみな変な人で・・・。

オーガスティン本人が映画のフィンチ家のセットに「ただいま」と言ってしまったくらいまさに雰囲気同じだったらしいです。
私はキッチンとか居間とか好きだなー。
フィンチ家の奥さん(お母さん)が良かった。ドックフードをテレビ見ながらぼりぼり食べてるシーンで登場だったけど、その後のたくさんのエピソードはなかなか好き。
フィンチ家次女役エヴァン・レイチェル・ウッドもよかった。
変なだけでこころねは善良なんだわ。   (鼎)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

「ポゼッション」 





アンジェイ・ズラウスキー監督
1981年 フランス・西ドイツ


VHSにて鑑賞。
アンジェイ・ズラウスキー監督知りませんでした。
イザベル・アジャーニ知りませんでした。

映画はまだまだ知らないだけで埋もれてるんだね。

舞台はドイツの近郊都市。
単身赴任から帰ってきた夫は妻の突き放した態度に困惑する。
どうしちゃったのだろう。

タイトルの‘ポゼッション’は‘所有’から転じて‘憑衣’の意味とのこと。

妻のアンナを演じるアジャーニが何かにとりつかれたようにグロテスクで情緒不安定。ただならぬ獣との・・・。

本来なら人が怒ったりするだろうなぁと思えるシーンで、笑える女優っていいなぁと感じた。自分自身、日々の中でも悲しいはず場面でふと笑っていたり、その逆もあるもん。

古びた建物や部屋への光の入り方など物語の他にも見所たくさん。
どこか、青みがかった映像も好きだなぁ。(陽)

category: フランス・西ドイツ

CM: 0 TB: 0   

「黒い眼のオペラ」 





2006年 台湾、フランス、オーストリア
ツァイ・ミンリャン監督




画面の中を歩く人は何度同じ道
歩いたんだろう。
同じ部屋に戻って何度出ていくのかな。


人との出会いやそこで生じる衝突/喜び/悲しみ/
それこそが人生の醍醐味のような。

そんな世の中において、一見ツァイミンリャンの映画は少し遠い存在。でも人知れない場所で、誰よりも共有を求めているのを見ているこっちは感じとる。


違和感?
極端に台詞をけずっているのもそんな必然性からなんだろう。そっけなくて、本当に監視カメラを覗いてるかのよう。


本当はこんな気取った言葉いらないや。
自己紹介のように貸すことの多い映画。
感想は様々だけどそれでいい。

好きな映画!

(陽)

category: 台湾・フランス・オーストリア

CM: 0 TB: 0