Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「水の声を聞く」 

水の声を聞く


2014年 日本
山本 政志監督

わー、この映画、面白かった。
新興宗教の始まりを垣間見る。
案外、こんなあやふやなものなのかもしれない。
不思議な世界。

在日韓国人のミンジョン。
深い思い入れもなく始めた巫女の仕事に、人々が救いを求めるように。
それが宗教団体“真教・神の水”となり、だんだんと大きくなっていく。
何者でもない自分への葛藤。
救済を求める人たちと、ビジネスと捉える幹部たち。
様々な思惑の人々が集まって、それは徐々に軋轢を生み…。
家族に関する悩み、生き方、人間関係。
私たちがすがっているもの、信じているものって何だろう。
大切なのは心の拠り所で、「形」は大きな問題ではないのかも
“教祖”である自分に疑問を抱いたミンジョンは旅に出る。
自分のルーツを辿り、自然に触れ、明らかに覚醒したミンジョン。
でもその頃教団には新たな“偽者”が祀り上げられ…。
人の集まる所には、何かしらの問題あり!
と思っていたけど、やっぱりそうだった。
脇を固める教団内部の方々の普通っぽさが地味に怖い。
そして、いいタイトルだなぁと思う。      (佳)   
スポンサーサイト

category: 日本

CM: 0 TB: 0   

「6才のボクが、大人になるまで。」 

6才のボクが、大人になるまで。


2014年 アメリカ
リチャード・リンクレイター監督

6才の少年の、12年間を、実際の少年の成長とともに、
12年かけて撮影。
ドキュメンタリーのような劇映画。

時間は165分。
長い映画だけど、少年の成長を見守っているうちに、あっという間。
大きな事件はないものの、母親の再婚や離婚、度重なる引越し、
風来坊のような父親との交流、初恋…。
12年間の間に起こるいろいろなこと。
大人は結構勝手に生きてて、子供は常に振り回されてる。
そんな風にも見えるかなぁ。
そんな中を、少年メイソンは、好きなことも見つけながら、
自分なりに淡々と生きていく。
実際に父親役のイーサン・ホークも、母親役のパトリシア・アークエットも、
月日の経過とともに年を重ねていく。
少年メイソンも、少年から青年の顔へと変わっていく。
あんなに可愛かったのになぁ。
その月日の移り変わりを、ごくごく自然に感じ、
大切な瞬間瞬間を思い出しながら、何とも言えない余韻に浸った。
同じキャストで、12年間、撮影を続ける。
その年月の重みをずしずしと感じた。    (佳)

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0