Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「ナイトチェイサー」 

night fare
2015年 フランス
ジュリアン・セリ監督脚本

2年ぶりに再会した友人?のリュックとクリス、彼女リュデュイーヌをめぐって不穏な空気・・・。
彼らは過去になんだか秘密があるらしい・・・。
再会の夜中、ふたりが乗ったタクシーの料金を踏み倒して逃げてからがこの映画の始まり。
執拗にそのタクシーに追い掛け回される。
しかも、目を覆いたくなる(私の苦手な)刃物系シーンあり。ひえー。
むむむ???
いったい何系の映画?
この映画、主人公は誰???
と、思うくらい2転3転していくのだが、着いて行ける。びっくり。

意外なところに着地します。

良作だと思います。
「物語」でした。
(鼎)
スポンサーサイト

category: フランス

CM: 0 TB: 0   

「もう一人の息子」 

もうひとりの息子
2012年 フランス
ロレーヌ・レヴィ監督

ユダヤ系フランス人の18歳のヨセフは兵役検査の結果、血液型で両親の実子ではないことがわかってしまう。
18年前の紛争時、病院ごと避難する際にイスラエルとパレスチナの新生児が取り違えられたことが判明する。
イスラエルとパレスチナである。
激しく対立している民族同士、どうなることかと、その状況にハラハラしたが、
あぁ、明るい。
大人になりきってないし、こどもでもない。という18才という年齢が絶妙。ナイーブだけども柔軟。
ひとりじゃない、お互いの気持ちがわかるしね。
ひとつずつ、ひとりずつ変わっていくといいね、状況。

母親役の女優さん、どこかで見たことある......と、
鑑賞中ずーっと考えても思い出せず、観終わって検索してしまった。
「リードマイリップス」の女優さんだった!!!!
あと、
ヨセフ役の青年(写真左)が、私の甥っ子Yにそっくり!!!!
(鼎)

category: フランス

CM: 0 TB: 0