Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「永い言い訳」 






2016年 日本
西川美和監督


想像を遥かに越えていった傑作。
この先、西川監督はどこに向かうのだろう。


「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。」


そこからの日々は、喪失の毎日ではなく、自分の心に潜む本当を確かめていくような、そんな日々。抜け殻じゃなく世間でいう普通から、ずれてしまった自分。なぜこんな風に自分は感じて、そこからそこへ行くのか?

「海よりもまだ深く」でもカメラを握った山崎さんのフィルムが写す水色が僕は好きみたい。

きっとこの映画を観たら、女性なら前髪センター分けにしたくなるだろうし、男ならちと髪のばしてママチャリでも乗ろうかと思うにちがいない。僕は小さなビストロでパテ・ド・カンパーニュを食べたいなと思った。かっこつけだけど、素直に思ったよ。


自分のことを大事にしてくれる人は決してみくびったり、手放しちゃいけない。
今まで、それを大事にしてきた人じゃなく、してきてない人間が言うから響くことば。矛盾を拾いあげるのが本当に危険なくらいに上手。でも、そう言ってしまうのはあざとい。

そして、「永い言い訳」は今にもなくなりそうな小さなものにちゃんとバトンを渡してくれる。

是枝監督の映画でもそう思ったんだけど、好演とかじゃなくて、子供たちをただそこに存在させてしまうのだ。すごいよ。


(陽)
スポンサーサイト

category: 日本

CM: 0 TB: 0   

「氷の上のふたり」 

氷の上のふたり

2014年 カナダ/イタリア
ロジャー・スポティスウッド監督

ある夜、食料を探して納屋に入り込んだ白くまが捕獲される。
白くまは麻酔銃を打たれ、自然に帰すため北極圏のレゾリュートへ移送。
納屋には、白くまの子どもが取り残されていて…。
少年ルークは、白くまの子どもを母親の元へ返すため、一人スノーモービルで旅立つ。

子供と動物。
極寒の大地。厳しい自然。
イヌイットの暮らしや生活の知恵。
丁寧なやさしい教科書のような映画。
白くまの子どもの演技(?)がすばらしい。
とってもお利口さん。

海に落ちたり、氷の上に取り残されたり、
冒険というには、大変なことは色々あるけれど、
少年と白くまの子どもは一緒に旅を続けていく。
一面氷で真っ白な風景が美しい。         (佳)

category: カナダ

CM: 0 TB: 0