Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「なまいきチョルベンと水夫さん」 

なまいき
1964年 スウェーデン
オッレ・ヘルボム監督

「長くつ下のピッピ」(大好き!)などで有名な作家アストリッド・リンドグレーンの「わたしたちの島で」が原作。
1964年のこの映画はスウェーデンで大ヒットしたとのこと。

ウミガラス島で家族と暮らすチョルベンは愛犬「水夫さん」といつもいっしょ。
海に落ちちゃった時も「水夫さんっ!!」と呼ぶとすぐ助けに来てくれる。
妹分のスティーナ(めっちゃすきっ歯!)や動物好きの少年ペッレと仲良し。
ある日猟師のおじさんヴェステルマンからアザラシの赤ちゃんをもらってモーセと名付けてみんなで飼うことに・・・・。

大ヒット。納得です。
おもしろいです。
子どもも大人も動物も、等しい存在。
誰も物怖じしないっす!
チョルベンちゃんのおなかやおしりが堂々としてて彼女しか主役はありえない!
namaiki
すきっ歯スティーナの服のコーディネイト参考にさせていただきたい。かわいい!

チョルベンたちの悪口雑言がすごい!
「・・・あともうひとこと言わせてもらっていいかしら?・・・・地獄へ落ちろ!!」
ってところが好きだ。

動物といっしょに暮らすのもいいね。(鼎)
スポンサーサイト

category: スウェーデン

CM: 2 TB: 0   

コメント

ねこ?

この映画、とても面白そう!
・・・・地獄へ落ちろ!!って、いいなぁ。
動物と暮らすのいいですよー。

佳 #- | URL | 2015/01/04 11:37 - edit

アザラシ

写真上はアザラシの赤ちゃん。
写真下ペッレ少年のペットはうさぎ。
「水夫さん」はでっかい犬(セントバーナード犬かな。)。

アザラシ赤ちゃんの鳴き声がすごい。
悲しそうなんだけど・・・。
動物ってかわいいんだねー。

鼎 #- | URL | 2015/01/06 23:32 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/220-c9d9c218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)