FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「ラビット・ホール」 

ラビットホール

2010年 アメリカ
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督

とても静かな映画。
淡々と、でもとても痛々しい。
一人息子のダニーを交通事故で亡くし、悲しみの淵にいる夫婦。
遺族会に出席したり、庭仕事に精を出したり、
でも何をしていても立ち直れない妻ベッカ。
二コール・キッドマンの立ち姿が、痛々しいのだけど、とても美しい。
悲しみのどん底の、他者に刺々しくなる姿、空元気な姿、
…どうしようもなく途方にくれてしまう。
妻と夫の悲しみ方の違いが、二人の間にすら溝を作っていく。

解決策なんてもちろんないけれど、少しずつ前を向いていく夫婦の姿を、
真摯に、繊細に描いた映画。
家の造り、家具、ベッカが作るお菓子、この家での素敵な生活の、
一番大事なものが失われてしまった現実。
加害者の青年が描く“ラビットホール”。
それは並行宇宙(パラレルワールド)をベースにした物語。
現実とは違う、もう一つの世界。
これは、私たちの生活でも、救いになるね。
明るい映画ではないけれど、光が差し込む。
観てよかった、と思った。     (佳)
スポンサーサイト

category: アメリカ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/224-a4a507e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。