Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「ほとりの朔子」 

ほとりの朔子


2013年 日本/アメリカ
深田 晃司監督

海辺の避暑地で過ごす18歳の夏物語。
大学受験に失敗して、浪人中の朔子。
叔母と二人で、旅行で留守をするもう一人の伯母の家へ。
初めて会う人、その土地の人々。
大人たちの間で過ごす2週間。

二階堂ふみが、フツーの女の子を自然に演じている。
今までアクが強すぎたんだね。
こっちの方が好きかも。
朔子が水の中に入っていくシーンの瑞々しさ。
光の射しこみかたがとてもきれい。
見終わった後、ロメール監督の「海辺のポーリーヌ」だなぁと思ったら、
オマージュとのこと。

大人たちの嫌らしさも存分に描かれている。
大人の世界は、綺麗ごとだけでは生きられないのだなぁ…。
子供と大人のはざま〈ほとり〉を丁寧に描いた映画。
物静かな朔子の、少し冷めた目線がとても心地よかった。
大きな事件は起こらないけれど、じんわりといい映画でした。  (佳)

スポンサーサイト

category: 日本

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/242-a49b00c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。