FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「タイム・オブ・ザ・ウルフ」 

time of the wolf
2003年 フランス、ドイツ、オーストリア
ミヒャエル・ハネケ監督

わたくし本作が初ハネケです。
今までハネケ監督を避けていました。「ファニーゲーム」が不快らしいっていううわさが怖くて。
でも観てみようと思います。

この映画良かった!!

ある家族が車で別荘に到着する。
積荷がぎっしり詰まっている。荷を降ろす作業を急いでいたら、なんと家の中には別の家族が占拠していた。
「食料はあるか?ガソリンはあるか?」と逆に猟銃を向けられ脅される。
その冒頭シーンでいきなり事件が起こり、家族は絶望へ・・・。
説明などはないが災害か何かで人々は避難しているらしい。
牛などがそこらじゅうで死んでいたり。(動物愛護の方々には決してお薦めできません・・・)
話が進むごとに悪い予感ばかりする。
すべてのシーンが必要。
この映画練ってあるね!

ハネケ監督という人は人間の負のところに嗅覚が鋭くて細やかなんだなーと、
でもささやかなほっとする場面も、素敵な場面もあったので、
この映画好きです。
(鼎)
スポンサーサイト

category: フランス

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/247-50440110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。