FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「午後8時の訪問者」 

午後8時の訪問者


2016年 ベルギー/フランス
ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督

診療時間を過ぎて鳴ったドアベルに応じなかった女医のジェニー。
翌日、身元不明の少女の遺体が見つかる。
あの時、ドアを開けていれば…。

少女の名前は?何故診療所へ?
何故死んでしまったのか?
ドアを開けていれば助かったかも…?
黙々と真相を探ろうとするジェニー。
映画自体の体温は低め。
淡々と目の前の仕事に打ち込むジェニー。
患者だったり、少女の死の真相だったり、一歩踏み込むとそこには
底の見えない深くて暗い沼のような世界が広がっていて…。
ラスト、あっさりしているような印象を受けたのだけど、
後からじわじわとこの映画のことが思い出される。
傷つけたであろう研修医ジュリアンの元に訪れる姿。
親身に相談にのっている患者の家族。
そして名前の違う少女。
向き合うこと、を静かにまっすぐ行うジェニー。
チェックのコートが欲しくなる。       (佳)
スポンサーサイト

category: ベルギー

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/317-51e2eb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。