Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「ハッピー・ゴー・ラッキー」 

ハッピー・ゴー・ラッキー


2008年 イギリス
マイク・リー監督

すごーく変わった映画。
というか主人公のポピーが底なしに明るくてぶっ飛んでる。
ふらっと入った本屋さんで、店員さんに無視されても話続ける。
フラメンコ教室で、一人浮いている(ように見える)。
自動車教習で、怒られても怒られても笑っている(気にしてない!)。
始めは、とにかく個性的なポピーを受け入れるまでに時間がかかった。
普通の人なのかな?ちょっと病気なのかな?と思いながら。
そのくらいずっーとハイテンションなポピー。

でも観ていると、等身大の30歳の、いろいろな壁にぶち当たり悩む、
フツーの愛らしい女性なんだなぁとわかる。
職業は、小学校の先生。
だから明るく頑張ってるんだよね。
そう思うと、後から後からすごーくポピーが好きになった!
この映画もすごーくいいなぁと思った。
大きいことは起こらない。
親友と一緒だったり、恋が始まりそうだったり、
自動車教習の先生とモメたり、ポピーの日常が、綴られるだけの話。
だけど、何だか生き方について考えちゃった。
結婚した姉の家での一幕も、女性としては感慨深いものがあるなぁ。
何が幸せで何が幸せじゃないかはその人次第。
明るく笑顔で過ごそうと頑張るポピーの姿は、やっぱり共感。
ボートの上で、親友とまったり人生を語るのも、何だか余韻としていいな。 (佳)


スポンサーサイト

category: イギリス

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/72-36fd8d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)