Admin New entry Up load All archives

トコトコ名画座

「スウェーディッシュラブストーリー」 

swedish love story
1969 スウェーデン
ロイ・アンダーソン監督

15歳の少年ペールは親の経営している自動車修理工場で手伝いをしている。
ある日、家族でおじいちゃんのお見舞いに療養所に行くと、そこで、ある少女を見かけ、気になる。
後日バイクで町を走っていると、その少女アニカとまた出会う。
ふたりともなんとなく惹かれあって、友達を通して告白。
一緒にベッドで寝てみたり、ギターで歌を歌ってみたり。
夏にはペールの夏の家に遊びに行ったり。
でもなにかうまくいかずすれ違ったり・・・。でも仲直りしたり。
前半はそんなかんじ。

そんな初々しい物語と思いきや、、、、

実はほぼ、少年少女の親や叔母やおじいちゃんや大人たちの描写が多く、
大人たちの絶望感がはなはだしい。

ザリガニパーティーの紙ぼうしと紙前掛けが、浮いている。。。。

若い子もあっというまにこの絶望ワールドに行くのね。。。。
はぁーっっっ。

という感想。


あとで、知ったのだが、
主人公の少年の友人役で、ちょーかわいい男子がいたんだけど、
(なんでこっちじゃないの的な)
「ベニスに死す」のビョルン・アンドレセンだったそうです。
あー、もっとじっくり観とけばよかった。          (鼎)

スポンサーサイト

category: スウェーデン

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotokomeigaza.blog.fc2.com/tb.php/74-4e238bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)